電子処方箋のシステム

電子処方箋のシステム

管理薬剤師科

電子処方箋のシステム

記事の解説

電子処方箋が2023年4月から運用開始されます。

今のうちからシステムを理解しておきましょう!

 

電子処方箋は医療機関がクラウド(オンライン資格確認システム)上に処方箋を登録するもの。

オンライン資格確認システムには他の医療機関の処方情報や、過去の調剤情報が薬剤情報として登録されているので、医療機関や薬局は処方時に他医療機関での処方情報、調剤情報が閲覧可能になります。

つまり、電子お薬手帳としても情報が一元化されるので、重複投薬・相互作用のチェックが可能となり、とっても便利なシステムとなるようです。

その他にも電子処方箋になるメリットや処方から調剤までの流れなど、記事としてまとめてくれております。

調剤薬局にとって、メリットばかりではないですが、メリットデメリットを今から知った上で今後の活動に役立てたいところです。

会員登録(無料)してログインするとコメント全文を見たり
「参考になる」ボタンを押すことができます。

会員登録(無料)する

ログインして解説を見る・投稿する

  • 瀬迫 貴士

    有限会社フレンド

    2022年11月11日

    電子処方箋の運用の流れが非常にイメージし…

    参考になる
    2
    返信0件
  • 丸山 享

    【認定教授】株式会社irodori

    2022年11月06日

    これで「オンライン」「リフィル」「電子」…

    参考になる
    2
    返信0件
  • 田中諒

    株式会社ケイリザルト

    2022年11月03日

    電子処方箋、ついに始まりますね!
    シス…

    参考になる
    4
    返信0件

記事ランキング(月間)

集計期間:2024年06月01日~06月30日

閲覧数ランキング

オススメ記事

  • 独立開局成功塾

ページトップへ