リフィル処方箋がもたらす薬局経営への影響は? 患者さんとの関係性がより重要に

リフィル処方箋がもたらす薬局経営への影響は? 患者さんとの関係性がより重要に

調剤報酬科

リフィル処方箋がもたらす薬局経営への影響は? 患者さんとの関係性がより重要に

記事の解説

2022年の診療報酬改定で注目されているリフィル処方箋

同一調剤薬局での受付が3回まで使用可能になるということは、リフィル処方箋を発行された患者さんは自分にとってより良い薬局を選ぶことになるのではないでしょうか

普及に関してネガティブな意見も飛んでいましたが、医科におけるリフィル処方箋では30日以上の処方時における減算も除外される予定です

株式会社カケハシ様の解説内容には、注意点や今後の薬局の課題、普及に関しても触れられているので、一読してみてはいかがでしょうか

会員登録(無料)してログインするとコメント全文を見たり
「参考になる」ボタンを押すことができます。

会員登録(無料)する

ログインして解説を見る・投稿する

  • 三登 直哉

    株式会社ケイリザルト

    2022年02月15日

    記事内でも紹介されている医師側の長期処方…

    参考になる
    7
    返信0件

記事ランキング(月間)

集計期間:2024年06月01日~06月30日

閲覧数ランキング

オススメ記事

  • 独立開局成功塾

ページトップへ