カロナール細粒不足時の対応 粉砕による自家製剤加算は?

カロナール細粒不足時の対応 粉砕による自家製剤加算は?

管理薬剤師科

カロナール細粒不足時の対応 粉砕による自家製剤加算は?

記事の解説

新型コロナウイルスの影響やインフルエンザの流行によってさらに需要が高まっている解熱鎮痛剤

とくに小児用の細粒や座薬の供給不足は今もなお続いていますね

各薬局では苦みを承知した上での錠剤の粉砕などさまざまな工夫をされているかと思います

今回は錠剤の粉砕に関する安定性や粉砕時の自家製剤加算について「自由になりたい薬剤師の学習ノート」でわかりやくす解説してくださっている記事をご紹介させていただきます

会員登録(無料)してログインするとコメント全文を見たり
「参考になる」ボタンを押すことができます。

会員登録(無料)する

ログインして解説を見る・投稿する

  • 三登 直哉

    株式会社ケイリザルト

    2023年01月17日

    小児科や耳鼻咽喉科の処方箋を応需する機会…

    参考になる
    0
    返信0件

記事ランキング(月間)

集計期間:2024年06月01日~06月30日

閲覧数ランキング

オススメ記事

  • 独立開局成功塾

ページトップへ