後期高齢者医療費の窓口負担の見直し

後期高齢者医療費の窓口負担の見直し

管理薬剤師科

後期高齢者医療費の窓口負担の見直し

記事の解説

2022年10月より、後期高齢者医療費の窓口負担が変更になりました。

 

2割になる対象者に関しては9月までに案内と新しい保険証が送られてきています。

処方箋を確認して、2割負担なのか1割負担なのか間違わないように請求する必要があります。

実際、2割負担になる方は全体の20%くらいのようです。

他の注意点として、2割負担者の配慮措置がございます。

単純に負担が2倍になるのではなく、3000円の上限が設けられています。

その期間などもしっかりチェックしておかなければならないですね。

 

対象となる患者さんのフローチャートや注意事項などまとめてくださっています。

医療従事者は確認しておかなければならないですね。

会員登録(無料)してログインするとコメント全文を見たり
「参考になる」ボタンを押すことができます。

会員登録(無料)する

ログインして解説を見る・投稿する

  • 安藤 博之

    合同会社AGONIST

    2023年03月30日

    景気の底上げができていない中、コストプッ…

    参考になる
    2
    返信0件

記事ランキング(月間)

集計期間:2024年06月01日~06月30日

閲覧数ランキング

オススメ記事

  • 独立開局成功塾

ページトップへ