地域連携薬局の施設基準から将来に向けて必要な準備

地域連携薬局の施設基準から将来に向けて必要な準備

調剤報酬科

地域連携薬局の施設基準から将来に向けて必要な準備

記事の解説

薬局の将来。

どんどん点数算定要件が増えて厳しくなる現状。

とはいえ、何を言ってもそれに対応していくしかありません。

 

今回は地域連携薬局の導入から見える将来の薬局像についての記事です。

地域連携薬局は現状算定要件には入っていませんが、

今後求められる薬局になっていくことは間違いないので、今からいかに準備していくかが大切です。

 

また、ほとんどの薬剤師の懸念材料になっていると思われる、

「関連医療機関への報告」が今後ますます必要となるでしょう。

服薬情報提供料の算定に関しても悩まれている方も多いのではないでしょうか。

 

この悩みの解決はトライアンドエラー、また他の方々がどのように工夫されているか

真似すること!

これこそみんなで乗り越えていく!薬局間の協力、情報共有も大切ですよね。

記事ではそのような事例をまとめた本の紹介などもしてくれています。

 

前向きにみんなで乗り越えていきましょう!!

会員登録(無料)してログインするとコメント全文を見たり
「参考になる」ボタンを押すことができます。

会員登録(無料)する

ログインして解説を見る・投稿する

  • 安藤 博之

    合同会社AGONIST

    2023年03月30日

    近い将来、機能分類に報酬が連動する改定を…

    参考になる
    1
    返信0件

記事ランキング(月間)

集計期間:2024年06月01日~06月30日

閲覧数ランキング

オススメ記事

  • 独立開局成功塾

ページトップへ